サポート


FPGA FXの構造

FPGA FX はインターフェイス上に存在するハードウェアデジタルエフェクトです。

Antelope Audio の FPGA FX は”真”の意味で独立した処理構造を持ち、DAW や お使いのコンピュータに依存しません。それは、FPGA FX の構造に由来します。FPGA FX は完全に独立した構造を Antelope Audio のインターフェイス上に構築されています。これは 外部のアナログデバイスと同じ振る舞いをする ということです。DSP や CPU プラグインは DAW 上に立ち上がっているプログラムであり、DAW の機能と連携することができますが、FPGA FX は外部に存在するアナログデバイスまたはデジタルデバイスと同じ構造形態をしているので DAW のソフトウェア処理機能と連携できないということが挙げられます。

 
FPGA FX は”真”に独立構造を構築しているため、本当にお使いのコンピュータの性能に左右されません。(ただし、最低限製品をコントロールするアプリケーションを立ち上げる領域は必要です。) また FPGA FX は、インターフェイス上に存在する外部エフェクトということです。FPGA FX はソフトウェアではなくハードウェアベースエフェクト です。

 FPGA FXの利点

Antelope Audio の FPGA FX はリアルタイムプロセッシングに向いています。現段階では高負荷のネイティブプラグインはレイテンシがあり、掛け取りを利用することは高度なシステムを導入しない限り困難です。FPGA FX は 10 sample 以下 (FET-76A で実測) というレイテンシを実現しており、サンプルレートが上昇するたびに実時間が短縮されます。リアルタイムで 0.1 ms 以下のレイテンシは 人間では知覚できません。また FPGA による高度なルーティングが可能なおかげで、プロセスされた音をモニターに、実際のドライシグナルは DAW へレコードする、などのフレキシブルな録音形態を取ることができます。 

FPGA FX の実践的な使い方

これらのエフェクトは掛け取り、モニター作成用途に使われるのが一般的です。実際のレコーディング現場ではアナログプロセスをすることが一般的でそれらを FPGA FX で行うことが一番の使用理由になります。また、業務用コンソールを利用したレコーディングの進行として、モニター用のシグナルとレコーディング用のシグナルは必ずしも同じではありません。レコーディングされている信号とは別にモニター環境を構築する上で FPGA FX でエフェクト処理させるという用途が実践的です。(業務用コンソールではレコーディングシグナルは DRY のまま DAW に送り、モニターシグナルにアナログプロセッシングをするということができます。)

または、実際のアナログデバイスのような使い方 (ハードウェアインサート) が一般的です。概念は業務用コンソールの Insert 回路を利用することと同じで、SEND-RETURN のシグナルフローを利用して、DAW と FPGA FX を連携利用していきます。(内部的に DAW 出力を FPGA FX にセンド、FPGA FX のリターンをまた DAW に戻す手順を実行するだけです。)

FPGA FX は本物のビンテージアナログデバイスと同じ様な振る舞いをするため、実際のビンテージ機材に存在する、音の太さや抜けの良さなど、デジタルエフェクトでは再現出来なかったあらゆるビンテージ機材に存在する魔法のような効果を再現しています。これらの効果を追加するためにしようされることが多いでしょう。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。